ラジー賞『キャッツ』が6冠!「最低リメイク・続編・パクリ賞」はあのシリーズ最新作が受賞だ!!

©ジュピターエンタテインメント株式会社

『キャッツ』© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

最低映画を選ぶ祭典、ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)の受賞結果が2020年3月16日に発表され、キャッツが最多6冠を獲得した。

例年ではアカデミー賞授賞式の前夜に発表されるラジー賞だが、今年のアカデミー賞授賞式は2週間前倒しになったこともあり、遅れての発表となった。また、新型コロナウイルス流行の影響で、授賞式は開催されておらず、受賞結果をビデオ配信という形で発表された。

第40回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果は以下の通り。

最低作品賞:『キャッツ』

最低リメイク・続編・パクリ賞:『ランボー ラスト・ブラッド』(2020年6月12日公開予定)

最低主演男優賞:ジョン・トラボルタ 『The Fanatic(原題)』『ワイルド・レース』

最低主演女優賞:ヒラリー・ダフ『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』

最低助演男優賞:ジェームス・コーデン 『キャッツ』

最低助演女優賞:レベル・ウィルソン 『キャッツ』

最低スクリーンコンボ賞:『キャッツ』

最低監督賞:トム・フーパー 『キャッツ』

最低脚本賞:『キャッツ』

名誉挽回賞(2019年度特別賞):エディ・マーフィー 『ルディ・レイ・ムーア』

人命・公共財産軽視賞:『ランボー ラスト・ブラッド』

圧巻の受賞となってしまった『キャッツ』は日本で絶賛公開中。

また、注目を集める『ランボー ラスト・ブラッド』は、2020年6月12日(金)公開予定。その出来栄えに期待して、しばし待とう!