感染拡大を受け 米軍佐世保基地 立ち入りを制限

©株式会社長崎新聞社

 佐世保市の米海軍佐世保基地は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、基地への立ち入りを制限している。佐世保基地によると18日現在、在日米軍関係者が国内で新型コロナウイルスに感染したケースは確認されていないという。
 立ち入り制限は13日から始めた。基地の公的身分証明書を持っている日本人従業員、業者、自衛隊関係者以外の一般人について、基地内に入ることを禁止している。
 基地は18日までに、健康保護態勢の警戒レベルを5段階のうち3段階目「ブラボー」に設定。新型コロナウイルスに感染する機会を減らすよう、基地関係者に指示している。
 市によると、日米合同委員会の合意に基づき、市内で感染者が出た場合には、基地内の病院指揮官と市保健所長との間で連絡を取り合う態勢を取っている。18日現在、基地側から市に対し、感染者が出た報告はないという。