サンディスク、ドラレコなどをフルHDで最大12万時間連続録画できる高耐久micro SDカード

©株式会社 音元出版

ウエスタンデジタルは、サンディスクブランドより、ドライブレコーダーやホームセキュリティカメラをフルHDで最大120,000時間の連続録画が可能なSDカード「サンディスクMAX ENDURANCE高耐久microSDカード」を、3月20日に発売する。容量256/128/64/32GBの4種類をラインナップしており、価格はオープンだが、それぞれ256GBは19,800円(税抜・以下同)、128GBは11,800円、64GBは6,980円、32GBは3,980円での実売が予想される。

「サンディスクMAX ENDURANCE高耐久microSDカード」256GB

ドライブレコーダーやホームセキュリティカメラの映像を最大120,000時間録画できるように作られたというSDカード。防水、耐温度、耐衝撃、耐X線など過酷な環境下に耐えうる耐久性と、256GBで120,000時間、128GBで60,000時間、64GBで30,000時間、32GBで15,000時間の連続録画を実現。安心して長期間にわたり使用できるとしている。

また、ビデオスピードクラス30(V30)、UHSスピードクラス3(U3)とCLASS10に対応し、最大読取り速度100MB/秒、最大書込み40MB/秒のデータ転送を実現。4K動画やフルHD動画に最適で、映像の転送やバックアップも素早く行えるとのこと。

加えてデータ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」を1年間利用できる特典クーポンが同梱されるほか、256GBは15年、128GBは10年、64GBは5年、32GBは3年の保証期間が用意される。