《新型コロナ・影響》感染者出たつくば市、茨城県と情報共有

©株式会社茨城新聞社

新型コロナウイルスに感染した20代の男子大学生が住むつくば市では19日、市幹部らが対策会議を開き、県の情報を踏まえ、引き続き感染対策を講じることを確認した。五十嵐立青市長は「今後も県と密に情報共有していく」とのコメントを出した。

市内から初めて感染者が出たことを受け、市民から不安の声が出ている。大学3年の男子学生は「予防を徹底することしかできない」。東京都内の大学に通う女性(21)は「マスクは必需品だがどの店も売り切れ。情報が不足している」と訴えた。