江別産ハルユタカ100%ピザ イタリア料理店「ノード」 甘み強く豊かな食感

©株式会社北海道新聞社

江別産ハルユタカを100%生地に使ったピザを手にする森田料理長

 【江別】江別蔦屋書店内のイタリア料理店「nodo(ノード)」(牧場町14)は、メニューのピザ全品を江別産小麦ハルユタカを100%使った生地に切り替えた。森田祐二料理長(35)は「店の新たな看板メニューとして売り出していきたい」と意気込む。

 同店はこれまで、ピザ生地専用のブレンド粉を使用してきたが、地元の小麦のおいしさを味わってもらおうと、切り替えることに決めた。同店によると、ハルユタカの生地は強い甘みと、もちもちとした豊かな食感が魅力だ。