特定保健指導による生活習慣改善でメタボ予防しましょう

©株式会社VOTE FOR

日本人の生活習慣の変化等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、それを原因とする死亡は、全体の約6割にものぼると推計されています。

生活習慣病予防のための「特定健康診査・特定保健指導制度」を積極的に利用し、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付け、生活習慣を改善し、メタボリックシンドロームを予防しましょう。

「特定保健指導」は、特定健診受診後にリスクがあると判定された方が対象です。詳しくは、お持ちの健康保険証の発行機関にお問い合わせください。

対象:特定健診後に、リスクがあると判定された方
申し込み:お持ちの健康保険証の発行機関でご確認ください。