両横綱と平幕碧山が2敗で首位

朝山ら3敗3人、貴景7敗

©一般社団法人共同通信社

鶴竜(右)が寄り切りで貴景勝を下す=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所13日目(20日・エディオンアリーナ大阪)白鵬、鶴竜の両横綱と平幕碧山が2敗で首位に並んだ。

 白鵬は大関昇進を狙う関脇朝乃山との2敗同士の対決を押し出しで制し、鶴竜は大関貴景勝を寄り切った。1敗で単独トップだった碧山は隆の勝に押し出された。一人大関の貴景勝は7敗目。

 2敗の3人を、3敗で朝乃山、平幕の御嶽海と隆の勝の3人が追う展開となった。

 十両は琴勝峰が2敗で首位を守った。