ふわふわ丸顔「世界最古のネコ」 神戸でお目見え、早速人気に

©株式会社神戸新聞社

モンゴル語で「小さいヤマネコ」の意味をもつマヌルネコ=神戸市中央区港島南町7

 神戸・ポートアイランドの神戸どうぶつ王国(神戸市中央区港島南町7)に20日、世界最古のネコとされる「マヌルネコ」がお目見えした。新型コロナウイルスの感染拡大により、1週間遅れで一般公開がスタート。丸顔やふわふわの長い毛並みが特徴で、早速「かわいい」と来園者の歓声を浴びていた。

 マヌルネコはモンゴルやイランなど中央アジアに生息し、ネコ科で最も古い種とされる。感染症に弱いため飼育が難しく、国内では王子動物園(同市灘区)や上野動物園(東京都)など7園にしかいないという。

 公開が始まった2匹は、姉妹園の那須どうぶつ王国(栃木県)で昨年4月に誕生したエル(雄)とアズ(雌)。短い足で毛づくろいをしたり、砂を掘ったりする愛らしい姿に、家族連れがくぎ付けになっていた。

 また、アフリカの岩砂漠などに暮らし「砂漠の天使」と呼ばれるスナネコや、高い木の上で生活するウスイロホソオクモネズミなど珍しい動物も新たに公開された。

 午前10時~午後5時(土日祝は午後5時半まで)。木曜休園。同園TEL078.302.8899 (末永陽子)