大分医療センターの医師や元患者ら5人陽性 新型コロナ、院内感染か【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

医師や元入院患者らの新型コロナウイルス感染が判明した国立病院機構大分医療センター。外来診療と救急患者の受け入れを一時中止している=20日午後、大分市横田

 大分県は20日、国立病院機構大分医療センター(大分市横田)に勤務する医師や看護師、元入院患者ら20~80代の男女計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。センターは19日に感染が判明した臼杵市の60代夫婦が入院していた。県は「院内でクラスター(感染者の集団)が発生した可能性がある」として、専門家でつくる対策班の派遣を厚生労働省に要請した。

 県内の感染確認は計8人となった。

 県と大分市によると、5人はいずれも同市在住。センターの4人は▽20代女性医師▽30代男性医師▽20代女性看護師▽30代女性職員。医師2人に自覚症状はないものの、看護師は検体を採取した19日夜、38.1度の発熱や頭痛などがあった。女性職員は体のだるさを訴えたという。

 元入院患者は80代の無職男性。骨折のため2月24日~3月12日に入院した。その後、大分リハビリテーション病院(同市志村)に転院した。

 夫婦のうち、夫は発症前の2~7日に心臓の検査でセンターに入院。妻は16日に間質性肺炎の疑いで緊急搬送され、19日までセンターにいた。その間、夫、妻ともそれぞれの面会に訪れていた。

 濃厚接触者としてセンター職員や患者計32人の遺伝子検査を20日に実施した結果、女性医師ら職員3人の感染が判明した。直接の接触はない26人も調べたところ、男性医師に陽性反応が出た。元入院患者は発熱し、肺炎を発症していたため遺伝子検査を受けた。夫婦と接触があったかどうかは調査中という。

 陽性の5人は20日、指定医療機関に入院した。県などは行動歴を調べ、濃厚接触者を順次検査する。

 夫婦がそれぞれ16、18日に受診した臼杵市の病院の医師と看護師の3人は陰性と分かった。夫婦の長女、次女と孫の計3人も陰性だった。

 厚労省の「クラスター対策班」は早ければ21日に県入りする。国立感染症研究所などを中心とする専門家チームで、感染経路の調査手法や感染拡大防止に向けた対応を支援する。同省によると、対策班は8都道府県(20日時点)で活動している。

 大分医療センターは大分市東部などで中核を担う地域医療支援病院。「がん診療連携協力病院」にも指定されている。30日まで外来診療や救急患者の受け入れを中止することを決めた。