志田未来、岡山天音が増田貴久主演「レンタルなんもしない人」にゲスト出演

©株式会社東京ニュース通信社

4月8日にテレビ東京系でスタートする、増田貴久主演のドラマホリック!「レンタルなんもしない人」(水曜深夜0:12)に、志田未来と岡山天音がゲスト出演する。

同作は、「なんもしない人を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」という触れ込みの一風変わったサービスを始めたレンタルさん(増田)の“ただそばにいてくれるだけ”という不思議な仕事ぶりと、それを依頼する人々のさまざまな事情を描く連続ドラマ。

志田が演じるのは、第1話で「東京最後の1日に付き合ってほしい」という依頼をする大宮亜希。夢を抱いて上京し、一人前の雑誌編集者になるために必死に励んできたものの、会社から一方的に契約を打ち切られ、田舎へ帰ることに。そして、東京最後の1日をレンタルさんと過ごす。

志田は「台本を読ませていただいた時に感じた、東京や仕事に対する憧れや自分への不甲斐なさを表現できたらと、現場ではあえて考えすぎないように演じました。演じながらも時々切なくなるセリフなどもありましたが、亜希を通して私自身、最後はレンタルさんに救われました」と、今回の撮影を振り返った。

また、もし実際にレンタルさんに依頼するとしたら、「お一人様一つまでの限定品を買う時に一緒に来てほしいです! 何種類かランダムで配られる映画の特典が欲しい時も一緒に来てほしいです! 考えれば考えるほどレンタルさんに依頼したいことが出てきます…(笑)」と語った。

また、第2話で岡山が扮(ふん)する「出社についてきてほしい」と依頼する城戸隆志。大きなプロジェクトの担当に抜てきされ気合十分で挑むも、四方八方から板挟み状態に。会社に行くことが怖くなり、朝の出社についてきてほしいと頼む。そんなサラリーマンにいつでも起こりうる状況を演じた岡山は、「ただ“なんもしない”をうたっているレンタルさんにしか埋められない、人の孤独というものがあるんだな、という実感が湧きました」と、感じ入る部分があった様子。

そんな岡山は、主演の増田について「ステージ上で魅せる華やかさと、ただ街にたたずんでいるレンタルさんとの猛烈なギャップが興味深かったです。1人の人の中にこんなにも開いた二面性が存在するんだ……ということがとても印象的でした」と驚きを明かした。