IPC、東京パラもIOCの判断

公式サイトで見解発表

©一般社団法人共同通信社

 国際パラリンピック委員会(IPC)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大で懸念が生じている東京パラリンピックの開催について、決定権は国際オリンピック委員会(IOC)にあるとの見解を発表した。

 公式サイトで「中止、延期の計画はあるか?」といった質問に答える形式で「五輪とパラリンピックは一つのスポーツの祭典でペアを組んでいる。IPCが開催都市契約を結んでいない以上、決断はIOCが下す」とした。

 開催都市契約は東京都、日本オリンピック委員会(JOC)、IOCの3者で締結されている。(共同)