豆苗を再利用してしまう大スター! 『週刊KAT-TUN亀梨和也』vol.3

©株式会社anoetto

2月27日深夜に放送された、グループ唯一の冠番組『KAT-TUNの世界一タメになる旅+』(TBS系)。この日の企画は料理上手な亀梨くんが手料理を振る舞う「かめざんまい」だったので、より真剣に見入ってしまいました…。

亀が料理上手なのは、ファンの間では昔からの常識。「かめざんまい」もその腕前から「Paravi」配信時代に生まれた企画で、レシピを見ることなく、味付けは全て目分量という自己流ながら、メンバー・ゲスト絶賛の品を毎回生み出していきました。

この日はメンバー・スタッフ一同で阿佐ヶ谷姉妹の自宅にお邪魔し、亀は2人の部屋にある物での料理にチャレンジ。まずは姉・江里子さんのお部屋チェックを始めたのですが、ここでいきなり料理上手な一面が…!

豆苗って根本数センチを残して水に張っておくとまた生えてくるので、節約食材にもなるんですよ。で、阿佐ヶ谷姉妹の江里子さんもこれを実践していたのですが、亀は窓際で育てられた豆苗を見るなり「何回戦目の?何回戦目のこれは?」と即座に質問したんです。

…いやもう流石すぎる。瞬時に状況を把握している。

あの光景を見て「豆苗を再利用しているんだな」と察するのは分かる。けど、そこで「何回戦目?」と聞くあたり、食材の特徴や豆苗ユーザーの行動心理を読み取るほどの料理上手ぶりが滲み出ている…!

「こんな質問がすぐ出る辺り自分も豆苗再利用してるのかな」と思っていたら、亀は「僕も普段使いますよ豆苗」と明かします。やっぱりそうなんだ。いやでもこんなスターなのに豆苗再利用するなんて。前回も言ったけどギャップ凄すぎでしょ。これだから「亀梨の沼」は抜けられない。

そしてこの豆苗は、えのき・ハムとガーリックで炒めて冷製の一品に。ハムと周りに付いているブラックペッパーの塩気を考慮し、味付けは少々の塩のみというこれまた流石のテクニックで、江里子さん本人も「ウチの豆苗がこんなにオシャレに生まれ変っちゃって…」と大絶賛でした。

完全な余談ですが、筆者も料理が好きで、計るのが面倒だからいつも目分量でやってます。これは分量を記録しないので2度と同じ味は出せないのですが、亀との共通項だと思うと別に変えなくてもいいかな、とも思うのでした。

「ネジネジください」ってなに…!? 今週のKAT-TUN亀梨和也vol.2

今週のKAT-TUN亀梨和也vol.1 個性的“私服”で山Pとクッキリ