山口県内4人目の感染者 下関でフィリピン国籍の40代男性

©株式会社中国新聞社

 山口県は22日、下関市で入院中のフィリピン国籍で40代の会社員男性から、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。男性は9日に来日し、12日から発熱が続いていた。現在、状態は安定しているという。行動歴や濃厚接触者の有無については同市が今後調べる。県内での感染確認は4人目となる。