長崎電気軌道 運転士の制服 23年ぶり一新

©株式会社長崎新聞社

リニューアルした制服を披露する社員=長崎市大橋町、浦上車庫

 長崎市内で路面電車を運行する長崎電気軌道は22日、運転士の制服を1997年8月以来、約23年ぶりにリニューアルした。
 同社は22日、全国で相互利用できるICカード乗車券「nagasaki nimoca(ナガサキニモカ)」のサービスを開始。それに合わせて制服も新調した。上着の肩や胸ポケットなどに金色のラインをあしらい、スタイリッシュなデザインに仕上げた。
 担当者は「心機一転、これからも安全安心な運行に努める。多くの方に路面電車を利用してほしい」と話した。