『Hondaバーチャルモーターサイクルショー』が3月27日公開。中止のモーターサイクルショーをデジタル再現

©株式会社サンズ

 3月23日、ホンダは『第36回大阪モーターサイクルショー2020』と『第47回東京モーターサイクルショー』の開催中止に伴い、公開を予定していたブースと出展車両を、Webサイトで『Hondaバーチャルモーターサイクルショー』として3月27日より公開すると発表した。

 二輪車やパーツの展示が行われ、例年大きな盛り上がりを見せる大阪と東京のモーターサイクルショー。しかし2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月28日に両モーターサイクルショーの開催中止が発表されてしまった。

 出展を予定していたホンダはモーターサイクルショーの開催中止に伴い、両会場で公開予定だった『Hondaブース』と『Dream Networkブース』および、二輪出展車両29台をWebサイトで公開することを発表した。

 このWebサイトでの公開は『Hondaバーチャルモーターサイクルショー』と名付けられ、モーターサイクルショーで展示予定となっていた参考出品車両や二輪市販車などが、ホンダブースとともにデジタルで再現されたものになる。

 コンテンツとして予定されているものは、ブースの紹介映像やホンダブース360°画像などで、その他にもWebならではのコンテンツが掲載予定だという。

 このバーチャルホンダブースから、映像と画像でバイクの魅力を届けてくれるHondaバーチャルモーターサイクルショーは、3月27日の12時からホンダ公式ホームページ(https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/)で公開される。また、今後はホンダバイク公式SNS(Twitterfacebook)でも情報を発信していくとのことなので、こちらもチェックをお忘れなく。

■Hondaバーチャルモータサイクルショー概要

●公開開始日:2020年3月27日(金)
●URL:https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/

●主な出展車両
【参考出品・コンセプトモデル】
・ワールドプレミアのFUNモデル

【参考出品】
・スーパーカブ110・スペシャルver.

【市販予定車】
<新色設定>
・CBR250RR(グランプリレッド(ストライプ)・パールグレアホワイト※1)

【市販車】
・CB1300 SUPER FOUR SP
・CB1100 RS
・CB400 SUPER FOUR
・CB650R(カスタマイズパーツ装着車)※1
・CB250R
・CBR1000RR-R FIREBLADE SP
・CBR1000RR-R FIREBLADE
・CBR650R
・CBR400R
・CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(純正用品装着車)
・CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(純正用品装着車)※1
・CRF1100L Africa Twin<s>
・ADV150
・Rebel 500※1
・Rebel 250
・Rebel 250 S Edition
・Rebel 250 S Edition(純正用品装着車)※1
・CT125・ハンターカブ
・モンキー125
・スーパーカブ C125
・クロスカブ110

※出展台数や車種については、変更になる場合があります
※1 Dream Networkブースでの展示となります

CBR1000RR-R FIREBLADE SP
CBR1000RR-R FIREBLADE
CB1300 SUPER FOUR SP
CB1100 RS
CB400 SUPER FOUR
Rebel 250 S Edition
Rebel 250
CRF1100L Africa Twin<s>
ADV150
CT125・ハンターカブ
CT125・ハンターカブ