おめでとう! 吹田・万博記念公園の「太陽の塔」が有形文化財に

©株式会社サンケイリビング新聞社

3月19日、国の文化審議会は133件の建造物を登録有形文化財にするよう、萩生田光一文部科学相に答申しました。この133件の中には、吹田市・万博記念公園の顔、岡本太郎さんがデザインした「太陽の塔」も! この後、夏ごろまでに答申通り指定される予定です。

そこで、リビング北摂Web編集部が取材した中から「太陽の塔」にまつわる記事をピックアップしてみました。

¶1.特別展「知る、見る、遊ぶ 太陽の塔」

出典:リビング北摂Web

当時の大阪万博グッズや会場模型、太陽の塔内部の模型などが展示されているほか、クイズコーナーやフォトスポットなど、盛りだくさんの特別展に"太陽の塔"が大好きなお笑い芸人、麒麟の田村裕さんが来場。4月12日(日)まで開催中ですが、現在は残念ながら臨時休館中。記事で会場の様子を感じてくださいね。

特別展に麒麟・田村さんが訪れた記事はコチラ

¶2.太陽の塔が見える「万博ビースト」

出典:リビング北摂Web

3月15日にオープンしたばかりの巨大アスレチックタワー「万博ビースト」。高さ24mの巨大アスレチックでは、120種類ものアスレチックが楽しめます。視線の先には「太陽の塔」。その高さが体験できるかも!?

記者も体験!「万博ビースト」の記事はこちら

¶3.昨年冬には「イルミナイト万博2019」

出典:リビング北摂Web

2019年12月に開催されたWonder Experience イルミナイト万博2019「永遠の万華鏡」。北面の〝黒い太陽〟に映し出されたプロジェクションアート(デジタル掛軸)は、これまでに見たことがない「太陽の塔」が!

写真満載!イルミナイト万博の記事はこちら

太陽の塔

住所:吹田市千里万博公園1-1

万博記念公園HP https://www.expo70-park.jp/