五輪、WHOは判断せず

開催是非、日本とIOCに

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた東京五輪の開催の是非について「延期などの決定は、日本政府と国際オリンピック委員会(IOC)が行うことだ」と述べ、WHOとして判断を示すことはないと、改めて強調した。

 ライアン氏は一方で「選手や観客を危険にさらすような大会を、日本政府やIOCが強行するようなことはないと信頼している」と言及した。