【聖火をつなぐ】<39>クレー射撃モスクワ五輪日本代表 鹿沼市・古峯神社宮司 石原敬士さん(77)

©株式会社下野新聞社

石原敬士さん

 モスクワ五輪不参加時の選手団で一緒だった柔道の山下(やました)(泰裕(やすひろ))さん=JOC会長=から「ぜひ走ってください」と要請がありました。前回の東京五輪から56年ぶりの大会で、聖火ランナーとして地元の鹿沼を走れることをとてもうれしく思います。

 五輪は4年に1度の祭典。私は本番に参加できず「幻」でしたが、同じクレー射撃で娘が出場するので頑張ってほしい。新型コロナが一日も早く終息するよう、祝詞の中に盛り込んで祈っています。