ソフトバンクG、株式非公開化案

一時検討も見送り、英紙報道

©一般社団法人共同通信社

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2月12日

 【ロンドン共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は24日、ソフトバンクグループが株式の非公開化を一時検討していたと報じた。実際には見送られ、株式などの保有資産のうち最大4兆5千億円分を売却し、得た資金で大規模な自社株買いをする計画を決めたとしている。

 報道によると、非公開化案はソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が株価急落への対策を考える中で浮上した。

 ソフトバンクグループ株を大量取得した米投資ファンドの関係者が先週、追加保有に関心を表明。孫氏はレバレッジド・バイアウト(LBO)を検討し始めた。孫氏は投資家連合体の構成を検討したが、断念したという。