千島列島沖の地震、米当局が津波注意報取り下げ 規模M7.5に修正

©ロイター

[25日 ロイター] - 千島列島沖で発生したマグニチュード(M)7.5の地震について、米太平洋津波警報センターはハワイ州に出した津波注意報を取り下げた。また、米西海岸などに津波の恐れはないとした。

日本の気象庁は、若干の海面変動が予想されるが、被害の心配はないとしている。

米地質調査所(USGS)によると、震源はロシア・サハリン州セベロクリリスクの南南東218キロの地点。

USGSは当初、地震の規模をM7.8としていたが、M7.5に引き下げた。

*内容を追加しました。