うめきた地下つないで「大阪駅」

JR西、連絡通路を整備

©一般社団法人共同通信社

西日本最大のターミナル大阪駅と改札内の連絡通路でつながる新地下駅の「大阪駅」(左側)のイメージ図(JR西日本提供)

 JR西日本は25日、2023年春に大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の地下に開業予定の新駅について、大阪駅と改札内連絡通路でつないで同駅の一部にすると発表した。これまでは「うめきた(大阪)地下駅」との仮称を使っていた。

 JR西によると、大阪駅の新たなホームと位置付け、他ホームとの移動に使う約70メートルの連絡通路を整備する。新ホームと他ホームとの間の移動時間は6分程度となる見通し。

 新ホームは京都、新大阪と関西空港をつなぐ特急「はるか」などが停車する。大阪市を南北に貫く31年春開業予定の新線「なにわ筋線」の起点にもなり、多くの利用客が見込まれる。