【東京五輪】1年延期でU-23制限設ける男子サッカーに影響…日本代表では板倉や三好が対象に

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

東京オリンピックが2021年に延期となったことで、年齢制限を設ける男子サッカーで大きな影響を及ぼしている。

【東京五輪】オリンピック・パラリンピックの延期が決定 来夏までの開催を目指す

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と安倍晋三首相は24日、コロナウイルスのパンデミックのためオリンピックを1年延期することで合意。これにより、23歳6ヶ月までの選手が参加資格を持つU-23の男子サッカーに年齢制限ルールを適用するか否かで議論の的となった。原則のルールでは東京オリンピックに出場する選手は全て1997年1月1日以降に生まれた選手でなければならず、年齢制限を超えた選手は最大3人まで含めることが可能。延期によって更新される場合、年齢制限は1998年1月1日に。日本代表では板倉滉や三好康児、前田大然など主力選手が対象となっている。

五輪延期により年齢制限で出所不可となる選手も