五輪延期、対策本部設置へ

組織委、国・都と協議

©一般社団法人共同通信社

桜が見頃を迎えた東京・お台場の五輪マーク=25日午後

 東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まったことを受け、開催準備に当たる大会組織委員会は25日、新たな計画の策定に向け、幹部で構成する再スタートの対策本部を設置することを決めた。当面の焦点は「遅くとも2021年夏」とされた新しい日程をどう設定するかで、予定した競技会場が日程変更後も使用可能かどうかについて施設側と協議に入る。関係者によると、延期による追加経費は3千億円規模と見込まれ、金額の算定も重要な課題だ。

 組織委の武藤敏郎事務総長は、20人超の幹部による対策本部を26日に設置する方針を記者団に表明した。