3Dホログラム映像イベントも

名古屋駅前広場再整備で構想図

©一般社団法人共同通信社

3Dホログラム映像を使ったイベントで名古屋駅東側の駅前広場に浮かび上がる武将のイメージ(名古屋市提供)

 名古屋市は25日、リニア中央新幹線開業の2027年に向け、再整備を計画する名古屋駅東西の駅前広場の完成イメージ図を公表した。街並みを望める開放的な空間をつくり出し、織田信長らゆかりの武将を3Dホログラム映像で浮かび上がらせるなど、最先端技術を駆使したイベントの開催が可能となる。

 市は今後、市民や有識者から意見を募り、正式な整備計画をまとめる。東側は27年度の完成を目指し、リニアの玄関口となる西側は東側完成後に着工する。

 東側のコンセプトは「名古屋オリジン/独自性」で、名古屋の歴史やものづくりの伝統が楽しめる。西側は「リニアフロンティア/多様性」とする。