ロアッソ、復興マッチ延期

©株式会社熊本日日新聞社

 開幕が2度延期となっていたJ3は4月4日を変更し、同25日開幕を目指す新たな方針を決定。ロアッソ熊本はこれまでの4試合に加え2試合が延期となり、初戦は最短で同26日に予定されるアウェー富山戦と決まった。

 このため熊本は、4月5日の「熊本地震復興支援マッチ」と銘打ち、県民の無料招待などのイベントを企画したホーム戦も開催できなくなった。3度目の延期について、永田求社長は「選手やサポーターの安全を考えると仕方ない」と述べ、復興支援マッチは別日程で行う予定としている。

 3月8日だった当初の開幕戦が2カ月近く遅れる見通しとなり、強化担当の織田秀和ゼネラルマネジャーは「調整に再度ブレーキがかかることになり、選手はストレスがあるだろう」。開幕後は過密日程も予想されるため「全員で乗り切るしかない。控え選手はチャンスと思ってほしい」と奮起を求めた。(河北英之)