「雨漏りしている」うそ言って勧誘…逮捕されたリフォーム業者の男性、不起訴に 理由不明/さいたま地検

©株式会社埼玉新聞社

さいたま地検

 修繕工事の必要がないのに、うそを言って勧誘するなどしたとして、特定商取引法違反(不実告知など)の疑いで逮捕された、東京都新宿区のリフォーム業者の男性(23)について、さいたま地検越谷支部は25日、不起訴処分とした。裁定主文や処分理由は明らかにしていない。

 男性は昨年2~7月ごろまでの間、従業員らと共に群馬県高崎市の無職男性(74)に屋根の修繕工事の必要がないのに、「雨漏りする」などとうそを言って勧誘。埼玉県越谷市内の営業所に対する県の立ち入り検査を拒否したり、支払い方法などを記載した契約書類を交付しなかったとして、今年2月、県警に逮捕されていた。

 さいたま地検は従業員の男女2人についても不起訴処分としている。処分は5日付。