路面電車の「市民会館」乗り換え認可 7月1日から

©株式会社長崎新聞社

 九州運輸局は17日、長崎電気軌道(長崎市)が申請していた、路面電車の停留所「市民会館」での乗り換えサービス開始を認可したと発表した。7月1日から乗り換えが可能になる。
 新地中華街電停に続き2カ所目。同電停の混雑緩和を図るとともに、目的地までのルートの選択肢を増やし利便性向上につなげる。
 対象は▽3号系統「蛍茶屋」行きから4号系統「崇福寺」行き、または5号系統「石橋」行きに▽4.5号系統「蛍茶屋」行きから3号系統「赤迫」行きに-それぞれ乗り換えるルート。乗り換え方法は新地中華街電停と同様。サービスを適切に運用するため、現金での乗り換えは来年3月末で両電停とも終了する。ICカード乗車券は引き続き乗り換え対応する。