都が学校再開のガイドライン了承

分散登校や時差通学

©一般社団法人共同通信社

 東京都教育委員会は26日の定例会で、都立学校に通知する新型コロナウイルス感染症予防に関するガイドラインを了承した。新学期の学校再開に際し、分散登校や時差通学を実施するほか、部活動は平日のみに限定し、対外試合は行わないことを示す。区市町村にも参考にするよう促す。

 都によると、ガイドラインは都立の中等教育学校や高校が対象。定例会では今後の感染拡大の状況次第で、授業の開始時期や休校を柔軟に判断する方針も確認した。都は23日、休校が続く学校での入学式の実施と新学期の開始に関し、感染予防措置を講じた上で準備することを決めていた。