人気コスプレイヤー桃月なしこが好きなゲームやコスプレについて語る!!「牙狼〈GARO〉」シリーズ15周年記念作品「GARO -VERSUS ROAD-」

©株式会社フィールドキャスター

2020年で放送から15周年を迎える「牙狼〈GARO〉」シリーズの15周年記念作品として放送される「GARO -VERSUS ROAD-」が4月2日(木)TOKYO MX他、放送開始される。

【ストーリー】

日々の生活を淡々と消化している普通の青年達のもとに、突然謎のVRグラスが届く。

VRグラスをかけると、巨大なゲームフィールドに大勢のプレイヤーが集められていた。

その頭上には美しく輝く金色の鎧が浮かび上がっている。

ゲームの勝者には現実世界でも幸運が舞い込み、プレイヤーたちは、ゲームにのめり込んでいく。

今回、「GARO -VERSUS ROAD-」に朱伽(しゅか)役で出演し、コスプレイヤーとしても人気の桃月なしこさんに「牙狼〈GARO〉」についてや桃月さん自身のことについてインタビューをしてきました。

役所について桃月さんは「プレイヤーさんにゲームの説明をする案内人をしています。人間というよりかはAIチックな感じでゲームでいうところのCPUみたいな感じ。」と桃月さんらしい回答。

「冷徹なキャラクターなんですけど、そういう役を演じてきてないので今までとは雰囲気の違う私に注目してほしい。」と自身の役の注目ポイントを教えてくれました。

また撮影現場でのエピソードについて、今回共演した日南響子さんのファンだった桃月さんは「日南響子さんも私のコスプレ画像を保存してくださってたみたいで『両思い♡』ってなりました。」と嬉しそうに語りました。

また桃月さんの今ハマっているゲームやコスプレイヤーになったきっかけなど、桃月さん自身の事に踏み込んだ内容の質問もたくさんしてきましたのでそちらも注目してご覧ください。

「牙狼〈GARO〉」シリーズの15周年記念作品「GARO -VERSUS ROAD-」は4月2日(木)TOKYO MX他、放送開始。

©2020「VERSUS ROAD」雨宮慶太/東北新社

#桃月なしこ#牙狼#GARO