環境生活部長に藤本氏 商工観光労働部長は藤井氏 熊本県幹部人事

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県は25日、4月1日付の2020年度定期人事異動の概要を公表した。部長級は15人で、環境生活部長に藤本聡・同部総括審議員、商工観光労働部長に藤井一恵・同部総括審議員、農林水産部長に竹内信義・同部政策審議監、土木部長に上野晋也・上益城地域振興局長がそれぞれ就任する。一般職員の異動は28日に公表する。

 県理事には宮本正・鹿本地域振興局長と寺野愼吾・国際スポーツ大会推進部長を起用。宮本氏は県央広域本部長と総務部市町村・税務局長を兼務し、寺野氏は観光経済交流を担当する。総務部総括審議員兼政策審議監には平井宏英・同部政策審議監を充てる。人事委員会事務局長に青木政俊教育理事、監査委員事務局長に冨永章子・宇城地域振興局長、企業局長に藤本正浩・土木部政策審議監が就く。

 知事部局の異動総数は前年度比29人増の1709人。職員総数は4225人で49人減となった。係長級以上の女性職員は605人で、全体に占める割合は1・2ポイント増の23・4%。熊本地震に伴う応援職員は復旧事業が落ち着き、39人減の6人(3都県3市)となった。(内田裕之)

 このほかの部長級と地域振興局長の異動は次の通り。(敬称略)  【部長級】農業研究センター所長(農林水産部生産経営局長)山下浩次▽県北広域本部長(知事公室政策審議監)原山明博▽県南広域本部長(企画振興部政策審議監)水谷孝司▽会計管理者兼出納局長(人事委員会事務局長)本田充郎▽教育理事(球磨地域振興局長)國武愼一郎  【地域振興局長】▽宇城(環境生活部首席審議員)真田由紀子▽上益城(商工観光労働部商工労働局長)石元光弘▽鹿本(企画振興部首席審議員)吉野昇治▽阿蘇(企画課長)浦田隆治▽芦北(総務部総務私学局長)江藤公俊▽球磨(河川課長)竹田尚史

 ※県職員の異動名簿は3月29日付熊日朝刊に掲載します。