中村獅童×初音ミクによる「超歌舞伎」!『ニコニコネット超会議2020』開催!

©有限会社ルーフトップ

2020年4月12日(日)~4月19日(日)の計8日間にわたり開催するインターネットの祭典「ニコニコネット超会議2020」の大型企画のひとつ「超歌舞伎 Supported by NTT」の情報が発表された。

「ニコニコ超会議2016」で初上演し、 歌舞伎俳優とボーカロイドキャラクターの共演という全く新しい歌舞伎の形を実現した「超歌舞伎 Supported by NTT」。 第5弾となる今回は、 『御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ)』と題し、 土蜘伝説(つちぐもでんせつ)を題材に新たに創作された作品。

中村獅童が源頼光(みなもとのよりみつ)と盗賊袴垂保輔(はかまだれやすすけ)の二役を勤め、 初音ミクが七綾太夫(ななあやだゆう)役で初めて悪役に挑む。 また中村蝶紫が山姥茨木婆(やまんばいばらきばば)役を、 澤村國矢が頼光の重臣 平井保昌(ひらいのやすまさ)役を勤める。 主 平将門の忘れ形見である七綾太夫と、 源頼光の戀物語を軸に、 山姥茨木婆といった物の怪たちの野望の顛末と、 平井保昌と袴垂保輔の活躍を描きながら、 物語が展開していく。

当公演は幕張メッセ イベントホールより4月18日(土)、 4月19日(日)各日に1公演ずつ、 無観客で上演。 4月19日(日)の公演はネットスペシャルエディションとして、 お客様がいない会場を最大限に生かした自由なカメラワークや、 AR技術を加えた演出で、 臨場感に溢れた生放送をお届け。 また『ニコニコネット超会議』のグランドフィナーレとして、 8日間の「ニコニコネット超会議2020」の開催を締めくくります。 当公演の放送は全編無料で視聴可能。 当公演前の4月14日(火)~4月17日(金)には超歌舞伎5周年を記念し、 毎夜、 過去に行われた超歌舞伎を振り返る生放送を予定。