長崎工場長に小林氏 三菱日立パワーシステムズ

©株式会社長崎新聞社

 三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)は23日、長崎工場(長崎市)のトップに当たる工場長に同工場副地域統括の小林雅浩氏(56)を昇格させる人事を発表した。4月1日付。
 同社は1日付の機構改革で、各工場をまたぐ横断的な組織として、スチームパワービジネスユニットなど五つのビジネスユニットを新設。本社勤務の各ビジネスユニット長が事業遂行の権限と責任を持つ。これに伴い各工場の地域統括は工場長に改称し、安全やコンプライアンス、社外対応を担う。
 小林氏は福岡県出身。九州大大学院機械工学専攻修了。1989年三菱重工業入社。MHPSボイラ技術部長などを経て、昨年4月からエンジニアリング本部ボイラ技術総括部副総括部長兼長崎工場副地域統括。1日からは長崎工場長のほか、スチームパワービジネスユニットの副ビジネスユニット長とサービスビジネスユニットのビジネスユニット長代理を兼務する。