大阪・吹田市の市制施行80周年に葉加瀬太郎さんが楽曲を制作!

©株式会社サンケイリビング新聞社

吹田らしさがあふれるメロディーが誕生

出典:リビング北摂Web

▲祖父が撮影した昔の吹田の写真を見て、今の吹田をカメラに収める女性の1日を追ったミュージックビデオのワンシーン。楽曲は、吹田市役所など公共施設での放送のほか、吹奏楽用の楽譜配布も予定

今年、市制施行80周年を迎える吹田市。周年事業のひとつとして、同市出身のバイオリニスト・葉加瀬太郎さんが手がけたプロモーション楽曲「Home Suita Home(ホームスイタ ホーム)」を、3月24日に発表しました。

サッカースタジアムの歓声や、今も受け継がれる〝だんじり囃子(ばやし)〟といった、吹田らしさを盛り込んだ楽曲に。「人と人との交流、緑と吹き抜ける風といった、市民のみなさんが持つ吹田のイメージを葉加瀬さんにお伝えし、すばらしい曲に仕上げていただきました」と、 同市都市魅力部の宮﨑良彦さん。市制施行80周年HPでは、ミュージックビデオの視聴、ショートバージョンの楽曲ダウンロードが可能です(無料)。

吹田市 市制施行80周年HP=https://www.suita80th.jp/