ドル下落、米失業保険申請急増で追加刺激策に期待=NY市場

©ロイター

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが幅広い通貨に対して下落した。過去最多となった米新規失業保険申請件数を受け、米政府や連邦準備理事会(FRB)が新たな経済刺激措置を打ち出すとの見方が広がった。

米労働省が26日に発表した21日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比300万1000件増の328万3000件と、過去最多となった。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための厳しい対策によって経済活動が急停止し、レイオフが急増した。

プルデンシャル・ファイナンシャル(米ニュージャージー州)のチーフ・マーケット・ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「過去最多の数値となり、市場の冷や水となった。同水準の数値が3─4週間続けば、一段の財政支援が必要になる」と述べた。

パウエルFRB議長はこの日、米経済は「おそらく景気後退(リセッション)」入りするとした上で、経済活動の完全な再開は新型コロナウイルスの制御にかかっているという認識を示した。

もっとも米国株は3日続伸。投資家は新たな経済刺激策の可能性を注視しているという。

米上院は25日、新型コロナウイルスに対処する2兆ドル規模の経済対策法案を全会一致で可決した。法案は下院に送付され、27日に採決の予定。ペロシ下院議長は、法案の迅速な可決を望むとし、今後も、危機対応に必要ならば、議会がさらなる法案を可決することを期待すると述べた。

ユーロは対ドルで1.42%高の1.1034ドル。円は対ドルで1.57%高の109.44円となった。

ポンドは2.43%高の1.2174ドル。豪ドルも2%上昇し0.6077米ドルだった。

ドル/円 NY終値 109.58/109.61

始値 109.96

高値 110.08

安値 109.22

ユーロ/ドル NY終値 1.1028/1.1032

始値 1.0951

高値 1.1058

安値 1.0928