ロシア国営テレビ、自宅から中継

キャスターが待機呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

26日、ロシア国営テレビのニュースチャンネルで、自宅から番組を進行する女性キャスター(テレビ画面から・共同)

 【モスクワ共同】ロシアでも新型コロナウイルス感染が拡大する中、国営テレビのニュースチャンネルで26日、キャスターが自宅で番組を進行する異例の放送が始まった。プーチン大統領による自宅待機の呼び掛けを受け、国営テレビが「お手本」を示した。

 ニュースチャンネル「ロシア24」は、キャスターが時間帯により交代しながら、終日生放送を続けている。通常はスタジオでニュースを読み上げるキャスターが26日午前から在宅勤務で番組の進行を始めた。

 ただ、記者らは普段通り現場に展開しており、「キャスターの在宅勤務」はキャンペーン的な性格が強い。