冬に逆戻り 日曜日は関東で雪予想 平地でも大雪のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

29日(日)午前7時の雨や雪の予想

 関東では29日(日)は午前中を中心に広い範囲で雪や雨が降る見込みだ。
 気温が予想よりも下がるなどの場合には、平地でも警報級の大雪となる可能性があるため、大雪による交通障害などに注意・警戒が必要だ。

29日(日)午前9時の上空の寒気の予想

 29日は伊豆諸島付近を低気圧が通過し、関東の上空約1500メートルには0℃以下の寒気が流れ込む。
 このため、関東では29日の午前中を中心に広い範囲で雪や雨が降りそうだ。

 29日は山地を中心に積雪となるおそれがあり、気温が予想よりも下がり、降水量が予想より多くなった場合には、平地でも警報級の大雪となる可能性がある。
 大雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意・警戒が必要となる。

土日の関東甲信の天気と予想気温

 東京は多摩西部の山地を中心に大雪となるおそれがある。平地でも場合によっては雪が主体となり、まとまった雪になる可能性はあるため、引き続き、最新の情報に注意してほしい。