九州地区高校野球熊本大会 4月18日の開幕目指す

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県高校野球連盟は26日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた九州地区高校野球熊本大会(硬式)について、4月18日の開幕を目指すと発表した。感染予防などを考慮して県内3ブロックに分けた地区大会を開き、勝ち上がった16チームで本大会を行う。

 例年は出場全チームによるトーナメントで競っており、地区大会を経て本大会を開く方式は異例。RKK旗、NHK旗の2大会は中止する。

 県教委が学校部活動を4月1日から再開する方針を示したことを受けた。地区大会は同18~26日に熊本市、城北、城南の3ブロックで開催し、本大会は同28日~5月6日に行う予定。今後、各地区ごとに組み合わせを決め、試合会場の確保を進める。

 軟式の熊本大会は4月20日以降実施の予定。当初は硬式が3月21日、軟式が同25日に開幕予定だった。

 出場校の生徒、職員の感染が確認された場合などは中止もあり得るという。手洗いや消毒など、会場での予防策も徹底する。(田中祥三)