3月28〜29日のスーパーGT富士公式テストは急転直下中止が決定。行政の外出自粛要請をうけ苦渋の決断

©株式会社サンズ

 3月27日、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、3月28〜29日に富士スピードウェイで予定されていたスーパーGT富士公式テストについて、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため首都圏周辺の1都5県に出された外出自粛要請等の状況を踏まえ、急遽中止にすると発表した。

 例年開幕前に岡山国際サーキット、富士スピードウェイで2回が行われるスーパーGT公式テスト。岡山は第1戦を、富士は第2戦を見据えたもので、これに加えてそのシーズンに参戦するドライバーの習熟やさまざまな確認が行われる重要なテストだ。

 スーパーGTでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月14〜15日に行われた岡山公式テストを無観客で実施。3月28〜29日に行う予定だった富士公式テストも、無観客開催を発表していた。ただ、海外からの渡航が制限されるなどで外国人ドライバーが来場できないなど、大きな影響を受けてのテストとなると思われていた。

 ただ、3月25日に、東京都が3月28〜29日の週末への外出自粛要請を出し、それを受けて26日までに神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、静岡県など各地で外出自粛要請などが発表された。これらの状況をうけてGTアソシエイションは、3月27日早朝に急遽公式テストの中止を発表した。

 GTアソシエイションは中止の理由について、「感染防止対策を強化する社会要請に応え、関係各位の健康と安全を優先した結果であり、エントラント各位、報道関係各位には直前でのご案内となりましたこと深くお詫び申し上げるとともに、ご理解、ご協力賜れますようお願い申し上げます」としている。

 またGTアソシエイションの坂東正明代表は「感染防止、行政による外出自粛要請、関係者全員の健康と安全を鑑み、苦渋の決断ではありますが、この度の無観客テストの中止を決定いたしました」とコメントした。

「日頃よりスーパーGTを心から愛してくださっているファンの皆様にも今回の決定をご理解頂ければ幸いです。開幕を心待ちにしてくださるファンの皆様のために、関係者一同、引き続き準備を進めて参ります。夢と感動を与えられるスーパーGTを安全・安心な形でお見せできる日まで、どうかご協力とご声援を賜れますようお願い致します」

 この日の富士スピードウェイは、検温など感染対策が万全にとられるなか、事前からフィルミングが予定されていたGRスープラ勢やタイヤメーカーはすでにサーキット入りしていたが、それ以外のチームはトランスポーターが中止決定をうけて急遽ファクトリーに戻ることに。GRスープラ勢、タイヤメーカーも富士を後にしはじめている。

 今回から登場するニューカラーリングのマシンなど注目のポイントもあったほか、J SPORTSでの中継も予定されていたことから、無観客開催とはいえ公式テスト開催に期待するファンも多かったはずだ。なお、J SPORTSでは、オンデマンドで配信していた岡山公式テストを代替で放送するという。新型コロナウイルス禍のなかでGTアソシエイションとしても、苦渋の決断となった。なお、代替日程は今後日程調整のうえ実施を検討し、詳細を連絡するとしている。

スーパーGT富士公式テストに向け、ゲートでは入場者の検温が行われるなど、感染拡大防止に向けた対策が行われていた。
3月27日の富士スピードウェイのパドック。撮影があったトヨタ勢以外のトランスポーターはすでに引き返していた。トヨタ勢も撤収を始めている。
本番仕様のカラーリングをまとったau TOM’S GR Supra
本番仕様のカラーリングをまとったWedsSport ADVAN GR Supra