女川原発で作業員1人が内部被ばく

©一般社団法人共同通信社

 東北電力は27日、女川原発の2号機原子炉建屋で26日に点検作業に当たった協力企業の作業員1人が、微量の放射性物質を体内に取り込み、内部被ばくしたと発表した。健康への影響はないとしている。