賃金請求権の時効見直す改正労働基準法成立

©一般社団法人共同通信社

 残業代などの未払い賃金を請求できる賃金請求権の時効を、現行の2年から当面3年に見直す改正労働基準法が、27日の参院本会議で可決、成立した。