財前直見が“美食探偵”の“超・味オンチ”な母に。息子・中村倫也は「食材の魅力を引き出すシェフのよう」

©株式会社東京ニュース通信社

中村倫也が主演する、4月12日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30)で、超グルメの探偵・明智五郎(中村)の超・味オンチな母・明智寿々栄役を財前直見が演じることが分かった。財前は「母としては、『扇屋百貨店』の跡継ぎとなる五郎が、どんな人と恋に落ちるのかが気になるところではありますが、素材の味を引き立てるスパイスのような存在になれるように楽しみながら頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

ドラマは、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化するサスペンス。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼のマグダラのマリアとの関係も描かれていく。

財前演じる五郎の母親の寿々栄は、五郎がこの世で唯一頭の上がらない存在。代々続く一流デパート「扇屋百貨店」に嫁入りし、現在は副社長として経営手腕を発揮する。義父・明智五十六と息子・五郎は超美食家だが、寿々栄は残念なくらいの味オンチというキャラクターだ。また、明智家を守る執事の小松崎役で個性派俳優のモロ師岡、五郎の父で、写真のみでの登場となる明智大五郎役で評論家の宮崎哲弥も登場する。

財前は「『扇屋百貨店』の副社長であり、美食家の五郎の母なのに、高級料理にソースをドバドバかけて食べてしまう“超”がつくほどの味オンチ。ある意味反面教師! 子どものことを愛しているのだけれど、どこか不器用で面白いキャラクターだと思います」と役柄について解説。

さらに共演者については「息子の五郎役の中村さんは、原作にぴったりの麗しさと優雅さを持っていて、食材の魅力を引き出すシェフのように、周りの役者さんたちのキャラクターをうまく引き出しています。苺役の小芝風花ちゃんとのコンビも、兄妹のように仲が良くてほほ笑ましいです」と印象を語り、「面白いキャラクターの役者さんや、おいしい食事とミステリーを堪能できるポップなドラマだと思います」と作品の見どころを話した。