伊方3号特重施設、全計画で認可 2分割分きょう28日着工

©株式会社愛媛新聞社

 新規制基準でテロ対策として設置が義務付けられた伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の特定重大事故等対処施設(特重施設)に関し、四国電力は27日、5分割の工事計画認可申請のうち原子力規制委員会の審査が残っていた2分割分について認可を受けたと発表した。全ての工事計画の認可を受けたが、完成は規制委が定める期限(2021年3月22日)から1年程度遅れる見通しは変わらない。