[台風19号義援金]千葉県復興へ150万円を託す

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス社からの義援金を受け取った岡本和貴千葉県防災機器管理部長=千葉県庁

 沖縄タイムス社(武富和彦社長)は24日までに、昨年の台風19号で被害の大きかった千葉県に義援金150万円を託した。

 義援金は昨年10月16日から12月6日まで受け付けた。これまでに、福島や宮城など5県の地元紙などを通じて各地域へ750万円を寄託した。今回の分を合わせて義援金の合計は6県で900万円。

 千葉県防災危機管理部の岡本和貴部長=写真=は「被災した県民の生活再建のため、友好に活用させていただきたい」とコメントした。