河北抄(3/28):仙台市内の寺で開かれたヨガ教室に参加した…

©株式会社河北新報社

 仙台市内の寺で開かれたヨガ教室に参加した。スタイル抜群の人が独特のポーズを取る写真を見たことはあるが、体験は初。講師の動きをまねて手足を伸ばし体をひねる。講師のような体の形にはならず「そんなふうには私の腕は曲がらないのですが…」と悲鳴を上げた。

 あるヨガ団体のホームページによると、2000年代初めに米国で始まったヨガブームは今でも続いていて、ヨガ人口は国内でもどんどん増えているという。人気の理由は、体が健やかになるのに加え、心も安定させる効果が期待できることが書いてある。

 教室のほかの参加者からは「気分が良くなる」「頭の中がすっきりする」などの感想が聞かれ、講師は「呼吸の仕方にその訳がある」と話す。ヨガの最初と最後には、めい想の時間もあり、その際「息をゆっくり吐いて怒りなどの感情も出しましょう」と講師が言っていた。

 学校や職場などの環境が変わる人が多い春。ストレスをためずに気持ちを整えるため、ヨガや座禅などでゆったりとした呼吸法を身に付けてみてはいかがか。