箱根などの山地で大雪の見込み 気象台が情報発表

©株式会社神奈川新聞社

 横浜地方気象台は28日、大雪に関する気象情報を発表した。県内は29日午前を中心に雪が降り、広い範囲で積もると予想。箱根など西部の山地(標高500メートル以上)では大雪となり、同日昼までに10センチの降雪を見込んでいる。

 気象台によると、東部と西部の平地での予想降雪量は、多い所で同日昼までに3センチ。気温が予想より低下した場合には、平地も含め警報級の大雪になる可能性があるとして、交通への影響や路面の凍結などに警戒するよう促している。

 29日の予想最高気温は、横浜で7度、小田原は9度となっている。