熊本知事、県民に外出自粛要請

感染増で29日まで

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 熊本県の蒲島郁夫知事は28日、県内で新型コロナウイルスの感染確認が計11人になったことを受け、県民に対し、同日から29日までの不要不急の外出自粛を要請した。

 熊本市東区の温浴施設で27日までに計3人の感染が確認された。大西一史市長はこの施設でクラスター(感染者集団)が発生した恐れがあるとの認識を示し、同日、市民に対し同様の外出自粛を呼び掛けていた。

 市はクラスター対策の専門部署を設けることを検討している。