明日は関東平野部でも雪 積雪に注意

©株式会社サニースポット

関東では各地で桜が咲き進む中、明日29日(日)は山沿いを中心に積雪となり、平野部でも雪の降る所がありそうです。

今日28日(土)は、前線を伴った低気圧がオホーツク海へと進み、そこから延びる前線が本州の南岸にかけて延びています。今夜になると、四国沖の前線上に低気圧が発生し、明日にかけて本州の南を東進する予想です。

今日16時現在、関東の一部で降っている雨も、今夜になると広い範囲に雨雲がかかり、また、上空には寒気が流れ込んでくる見込みです。冷たい雨とともに地上付近の気温はグングンと下がり、東京都心では明日の昼頃に予想される気温が1~2℃程度と、真冬の寒さとなりそうです。

関東の山沿いでは今夜から雪が降り始め、明日の昼前にかけての予想降雪量が20~40センチとなっています。また、関東の平野部でも明日の朝から昼頃にかけて雪の降る所があり、積雪となる恐れもあります。予想よりも降水量が多くなり、地上付近の気温が予想よりも低くなった場合には、平野部でも警報級の大雪になる可能性があります。

【雪の予想】29日昼前にかけて予想される降雪量(多い所で)
関東地方北部の山沿い 20から40センチ
甲信地方 10から20センチ
関東地方北部の平野部 1から5センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 10から20センチ
関東地方南部の平野部 1から5センチ

車で積雪エリアを移動される場合は、冬用タイヤを履くなどしっかりと対策を行い、交通障害などに十分に注意をして下さい。また、急激な気温変化となるため、風邪など引かないよう、体調管理にも十分に気を付けて下さい。