緊急事態「瀬戸際の状況」

コロナ対応、長期戦覚悟

©一般社団法人共同通信社

安倍晋三首相は28日夕、官邸で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言を発令するかどうかについて「ぎりぎり持ちこたえている。瀬戸際の状況が続いている」と述べた。東京都で感染者急増が続く現状を踏まえ「長期戦を覚悟する必要がある」と指摘した。同日夜に政府対策本部を開き、緊急経済対策の策定を指示するほか、被害を最小限に抑えるための基本的対処方針を決定する見通しだ。