阪神選手と食事、2人感染

大阪市の20代女性

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 大阪府は28日、既にコロナウイルスの感染が確認されているプロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)ら3選手と食事をした大阪市の20代の女性2人も感染していたと明らかにした。23日から発熱、せき、呼吸苦の症状があるが、いずれも軽症。

 阪神は27日、藤浪投手と伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の感染を発表。14日に大阪市内で、3選手や阪神の他の4選手、球団外の5人の計12人で会食していたことも明らかにし、府が健康観察をしていた。