新型コロナ感染爆発阻止へ「重要局面」 熊本県内の医療関係者らが予防呼び掛け

©株式会社熊本日日新聞社

「爆発的な感染拡大を防ぐため、一人一人がいま一度、予防を徹底することが重要だ」と話す福田稠県医師会長=28日、熊本市中央区

 熊本市東区の温浴施設で複数の利用者が新型コロナウイルスに感染したことを受け、県内の医療関係者は28日、県と市の外出自粛要請に理解を示した上で「感染爆発を食い止めるため、県民一人一人が意識した行動を」と呼び掛けた。

熊本市の専門家会議委員を務める福田稠[しげる]・県医師会長は、今週末の外出自粛要請を「適切な判断。温浴施設でクラスター(感染者集団)が発生したかどうかは現時点では不明だが、感染拡大防止へ先手を打たねばならない」と支持した。

 その上で、「今が爆発的な感染拡大を防ぐ重要局面」と強調。「手洗いやマスク着用の徹底、人が密集し換気の悪い場所を避けるといった対策を再度、意識して行動してほしい」と県民に訴えた。

 感染症に詳しい県内の専門家は「今回の外出自粛要請のように、常に一つ上のレベルを想定して対策を講じる必要がある」と指摘。

 今後の対応については「確実に感染拡大を止めるにはロックダウン(都市封鎖)が効果的」としながらも、「熊本のような地方都市の場合、効果よりも生活や経済活動に与えるデメリットの方が大きい。地域の実情に合わせて考える必要がある」と語った。(深川杏樹)